電子レンジの庫内のおそうじ

毎日のように使う電子レンジは、普段ドアを閉めていて内部の汚れには気づかず、お掃除を後回しにする人もおられるでしょう。でも、電子レンジの外側は、キレイに見えても庫内の壁や天井、ターンテーブルの下などには、汚れやゴミが溜まっていることが多いです。電子レンジの内側は、温め過ぎた食品や液体が飛び散って意外と汚れています。これらをお掃除しないで使い続けると、汚れが焦げ付いて取れなくなってしまう場合もあります。いつも使うものだからこそ、安心して使いたいですよね。
今回は、頑固な汚れも簡単に落ちる電子レンジのお掃除方法をご紹介します。
電子レンジのお掃除で準備するものたったの3つ。
①重曹 
汚れを落とすだけでなく、消臭効果もあります。
②耐熱容器 
カップ1杯分ほどの水が入れば、どのようなものでも構いません。
③雑巾 
頑固な汚れを落とすなら、捨ててもいい古布が良いと思います。毎日のお手入れなら、普段使いの布巾で構いません。以上の準備が整えば電子レンジのお手軽ラクラクお掃除をはじめます。


重曹水を耐熱容器に入れ、電子レンジで3~5分加熱します。重曹の量は、コップ1杯の水に対し大さじ1杯が目安です。重曹水の沸騰とともに水蒸気が発生するので加熱後、扉を開けずに30分ほど放置します。電子レンジの内部が蒸され、汚れが浮き上がります。時間が経ったら、耐熱容器を取り出します。このとき、容器が熱くなっていますので、気を付けてください。電子レンジ内部の壁や天井を濡れ布巾で拭きます。このとき、先ほど加熱した重曹水を少し冷ましてから、布に含ませると油汚れがキレイに落ちます。最後に乾いたタオルで水分を拭き取って完成です。水分が残らないようしっかり拭き取らないと、カビの原因になります。

電子レンジの掃除はこまめに定期的に行うことで、作業時間は短縮されるとおもいます。ぜひお試しください。

(スタッフ前田)

関連記事

  1. ご家庭に冷凍庫はありますか?

  2. 洗濯できる量をご存知ですか

  3. 空気清浄機の効果ってどれくらいがあるのか?

  4. 紙パック式掃除機とサイクロン式掃除機それぞれの機能の特徴

  5. より快適な涼しさを求めるならば

  6. 冬のマストアイテムは加湿器