「ドライヤーボール」をご存じでしょうか

ドライヤーボールって?

「ドライヤーボール」は、洗濯物を乾燥機を使って乾かすときに使用する、とても便利なアイテムです。ケミカルフリーの素材でできているので環境にも優しく、柔軟剤やドライヤーシートを使わずに衣類がふわふわになり、乾燥時間も多少短縮させる効果があります。

ドライヤーボールの種類

   

直径約6cm〜8cmの大きさのボールで、プラスチック、ウールの2種類があります。

ドライヤーボールの使い方と効果

洗い終わりの洗濯物と一緒に、乾燥機に入れるだけです。洗濯物の量に合わせて2〜6個入れます。乾燥機の中でボールがバウンドして動き回ることで、濡れた衣類の間にボールが入り込み空気が入る隙間を作るため、効率よく乾き乾燥機の使用時間を短くすることが出来ます。そのため、衣類が傷むことなく、ボールが繊維を優しくマッサージしてくれるので、シワや静電気を防ぎ、柔軟剤がなくても、ふんわりと仕上がります。また乾き残しがなく生乾きのにおいも防ぐことができる優れものなのです。ただし使用中は、まあまあの音(ボールがバウンドする時の音)がします。

安全で安心な洗濯ができ、乾燥時間が短縮できて経済的なので興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

(スタッフ前田)

関連記事

  1. 冷蔵庫が冷えないと感じたとき

  2. ご家庭に冷凍庫はありますか?

  3. 放っておくと意外と大変な冷蔵庫の霜

  4. 意外と便利な家電

  5. 使って便利!コンパクト洗濯機

  6. 冬の暖房時こそ、サーキュレーターを活用して省エネにつなげる