紙パック式掃除機とサイクロン式掃除機それぞれの機能の特徴

掃除機を買い替える際など、紙パック式とサイクロン式で迷うことがあると思います。実際どちらの掃除機でも
大差なくゴミを吸い取ります。なのでそれぞれの機能を理解して自分のスタイルにあった掃除機を選べばいいと思います。

紙パック式掃除機とサイクロン式掃除機は実際何が違う?

●紙パック式
吸い込んだホコリを紙パック内に集めます。紙パックがフィルターの役割を兼ねているので、ホコリを濾しとり
空気のみ紙パックを通して排気されます。

●サイクロン式
吸い込んだホコリをダストカップに集めます。吸い込んだ空気を回転させながらホコリと空気に分離し、ホコ
リはダストカップに、空気はフィルターを通して排気されます。

紙パック、サイクロンそれぞれのメリット・デメリットは?

●紙パック式掃除機のメリット
紙パックごとゴミを捨てられるから手軽で衛生的
定期的なフィルター掃除などが不要
●紙パック式掃除機のデメリット
紙パックのコストがかかる
排気される空気がゴミの中を通過するので臭いが気になる

●サイクロン式掃除機のメリット
紙パックのコストがかからない
排気される空気がゴミの中を通過しないので綺麗
●サイクロン式掃除機のデメリット
定期的なフィルター掃除が必要
頻繁なゴミ捨てが面倒
ゴミ捨て時にホコリが舞ってしまう

吸引力に違いはあるのか?

掃除機内が密封されている紙パック式のほうが吸引力が強いです。しかし紙パックにゴミがたまると吸引力が
落ちやすいため、持続力はサイクロン式のほうが高くなっています。

どちらの掃除機も一長一短で、優劣はつけられないです。機能や特徴を理解して自分の使い方に合った掃除機を選んで下さい。

(スタッフ前田)

関連記事

  1. 冬の暖房時こそ、サーキュレーターを活用して省エネにつなげる

  2. 冷蔵庫が冷えないと感じたとき

  3. 液晶テレビのお手入れの仕方

  4. 放っておくと意外と大変な冷蔵庫の霜

  5. 電子レンジの庫内のおそうじ

  6. 「ドライヤーボール」をご存じでしょうか