冬の暖房時こそ、サーキュレーターを活用して省エネにつなげる

冷房よりも電気代がかかるのが、エアコンの暖房です。

冷房よりも電気代がかかるのは、エアコンの暖房です。
エアコンで暖房を使うと、部屋の上方に暖かい空気が溜まります。上の暖気を下の方へ
送るのがサーキュレーターの役目です。また、冬場は窓から外の冷気が伝わって来るので
●部屋の中央あたりで窓の付近に置く
●真上に向ける

このようにすることで床の冷気を天井に吹き上げ、溜まっている暖かい空気を下方へ送り
循環させることができます。

設定温度を1℃下げただけでも5~10%の節電効果あるそうです。ぜひお試しください。

(スタッフ前田)

 

関連記事

  1. 絶対おすすめの暖房器具

  2. 液晶テレビのお手入れの仕方

  3. 紙パック式掃除機とサイクロン式掃除機それぞれの機能の特徴

  4. 洗濯機「防水パン」は必要ないのか?

  5. より快適な涼しさを求めるならば

  6. 冬のマストアイテムは加湿器