にしぶち飯店に行ってきました

気ままに食べ歩いたお店と料理を紹介します。今回のお店は京都の中華 NO.1の呼び声高き”にしぶち飯店”です。
落ち着いた路地の奥に思わず通り過ぎてしまうくらいの小さな看板が目印です。

 

 まずは、ビールと紹興酒でのどを潤します。

   

いよいよ御料理が運ばれてきました。「かるくあぶったのど黒の紹興酒漬け赤雲丹のせ」、「コーンの冷製スープ」ねぎの炒め油がアクセントになってます。「北京ダック風骨付きクリスピーチキンと蜂蜜をかけて焼いたチャーシューのブルーチーズのせ」目の前のカウンターで切り分けられる様はダイナミックです。「焼きフカヒレ」はにしぶちの名物料理で、干し貝柱の出汁のきいた上湯スープのとろみと焼いたフカヒレの食感が絶妙です。

   

「あわびのステーキ 肝ソースかけ」、「京都牛の豆チと豆板醤炒め」にがうりのにがみとしめじの食感がアクセントになっています。「ぐじと松茸の中華風茶碗蒸し」、「麻婆豆腐」とにかく辛い、でもクセにになる感じで辛みになれてくるともう夢中で口に運んでいました。

 デザートは「ライチのシャーベット グレープフルーツジュレ添え」

拙い表現で伝えきれないので、味の表現は控えます。なかなか予約が取れませがおすすめです。

関連記事

  1. 本格南インドカレーを食す

  2. スイ散歩とポケット反省

  3. 靴下の市に行ってきました

  4. それぞれの可愛らしいさ

  5. マリンスポーツを楽しむ

  6. 美味しいうどんを追いかけて