伏見 魚三郎に行ってきました

   

魚三楼は、伏見桃山駅から南に2分ほどで到着します。桃山御陵前駅からも同じくらいです。
お店の前には、鳥羽伏見の戦いの弾痕についての説明がありました。
魚三楼の格子を見ると、弾がかすめた跡がありました。柱にも弾が当たった跡があります。
歴史の痕跡を目の当たりして、いざ御料理に臨みます。

                             

京都の夏といえば、鱧と鮎です。美味しい料理と歴史を1度に堪能できる贅沢なお店です。

関連記事

  1. 日常にある特別な空間

  2. にしぶち飯店に行ってきました

  3. 和歌山県に行ってきました①

  4. 猫のいる日常

  5. 液晶テレビのお手入れの仕方

  6. 美味しいお蕎麦を食べに行く