和歌山 太地町に行ってきました

古式捕鯨発祥の地といわれる和歌山は太地町に行ってきました

 

町の入り口には、実物大のザトウクジラの親子のモニュメントが出迎えてくれます。 

 

 

クジラの尾びれのモニュメントやクジラのレリーフなど一際目に付く巨大な造形物や歩道に施されたクジラやイルカのタイルが、いかにも捕鯨の町といった趣です。

捕鯨船「第一京丸」の展示場です。船内、外観、エンジン、厨房の食器なども当時のまま残してあるそうですが、内部の一般公開はされていないそうです。第一京丸の前には、明治時代の銛打ちの勇壮な姿の銅像があります。

 *世界的にも注視されている追い込み漁が実施されている入り江です。

     

そしてお決まりのクジラ料理とマグロをいただきました。堪能いたしました。

 

 

関連記事

  1. 水木しげるロードに行って来ました

  2. 春です

  3. 日本料理 つる由に行きました。

  4. 猫の寝顔

  5. 日常にある特別な空間

  6. 暖冬ですが